最近は演出備忘録。
例えば「真のテーマ」とでもいうべきものがあるとすれば、それは水深一万メートルの海底に沈黙とともに横たわっていて、もはや「テーマ」の面影はなく、ただそこに“ある”(または“ない”)としか表現できないものに変貌しているだろう。それを、「無」や、「世界」などと呼ぶこともできるし、あるいは、偉大な映画作家の固有名詞に置き換えることもできる。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
(02/02)
(09/03)
(04/20)
(03/26)
(03/22)
(03/14)
(01/22)
(12/04)
(10/21)
(10/06)
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
おぬま
HP:
性別:
男性
職業:
映画監督
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
/ / テンプレート提供 Z.Zone