最近は演出備忘録。
「つまり、この世界が三次元で出来ているというその次元の三要素は、自分と他者と客観というわけだ」とおぬまはあざらしに話しかけた。あざらしというのは おぬまの妻なのだが、家では暇さえあれば本を読んでいる。おぬまが退屈しのぎに話を振ってもまるで耳に入っていない様子で、時折文庫本のページを捲るばか りである。おぬまが返事をあきらめた頃、あざらしは右の手で左の耳の裏をポリポリ掻きながら顔は上げずに「なんで男の人って世界の話ばかりするんだろう ね」とようやく口にした。おぬまにとっては易しい質問だった。「クリント・イーストウッドが遠い目をして夕日を見ていたら惚れないかい?」「そりゃまあ、 惚れちゃうよね」「だろ。その時、イーストウッドは何を考えていると思う?」「さあ……」「世界について考えているんだよ」あざらしは本を閉じて部屋を出 て行ってしまった。おぬまはチラリと時計を見やり、そろそろ出かける時刻であることを確認した。
神楽坂恵は300回声に出すことを確かに実践してきた。台詞の読み方ですぐにわかる。口が台詞を覚えているのだ。話を聞くと、妹と読み合わせをしたらしい。「妹が案外上手いので少し焦った」と神楽坂が言った。
とにもかくにも台詞が“言える”ようになったので、その日は多少の動きを含めて台詞を言ってもらうことにした。初めはここに立っていてください、 この台詞まで言い終わったら真っ直ぐ歩いてここで立ち止まり、次の台詞を前を向いたまま言ってください、そうしたら相手がここに来ますから、相手のこの台詞が終わったところで振り返り、最後の台詞を言ってください……というような具合である。なんて普通なんだ! と、おぬまは今、書きながら感じた。人が日常、普通に実践していること。その反復。それが演技なのかと妙に感心した。なあ、そうだろう? どう思う?
あざらしは返事をせずに本を読んでいる。(つづく)

※概ねフィクションですよ!
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3]
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
(02/02)
(09/03)
(04/20)
(03/26)
(03/22)
(03/14)
(01/22)
(12/04)
(10/21)
(10/06)
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
おぬま
HP:
性別:
男性
職業:
映画監督
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
/ / テンプレート提供 Z.Zone